BEMSはビルのエネルギー消費を調整し、無駄を省くためのシステム

HOME>イチオシ情報>可視化で判明したエネルギーの無駄遣いをシステム制御で削減

可視化で判明したエネルギーの無駄遣いをシステム制御で削減

消費エネルギー削減を目的としたシステム

BEMSは、ビル全体に使用されているエネルギーを管理して、効率化を図ることによって消費量の削減を行うためのシステムです。ビルの設備の中には、人が少ないフロアであるにも関わらずフル稼働される照明や空調など、エネルギーを無駄遣いする部分があるものです。BEMSではそういった無駄を省くためにエネルギー消費量が可視化され、設備稼働の調整を行います。人の有無や空調の温度などを把握するためには、複数のセンサーが使用されます。その情報を元にして、システムが空調の強さを変えたり、照明を切ったりします。あくまでも無駄な部分のみを削減するようにすれば、快適性を維持したまま設備の運用コスト低下も不可能ではありません。 必要に応じて内容を決められる

BEMSは必ずしも画一的なシステムを導入しなければならないわけではなく、ビルの規模や必要性に応じて内容を柔軟に変更することができます。特にエネルギー消費の可視化であったりシステム制御といった基本以外は、取捨選択によって効率的な稼働が可能です。そこまで規模が大きくなかったり作業が簡単な部分は、人が制御や管理を行うだけで済ませられる場合もあります。そうすると導入する設備を少なくして、コストの削減にも繋げられます。 補助金を活用できることがある

BEMSのシステムを導入するためには、基本となる各種センサーであったり、エコエネルギーを生み出せる太陽光設備の導入などを行う必要があります。そしてその費用を企業の予算で賄うことができない場合、補助金を使えることがあります。具体的な内容は申し込みをするタイミングでも異なりますが、国だけでなくビルが建っている自治体レベルの補助金も候補に入ります。BEMSには色々な要素があるため、省エネ設備や照明など、幅広い補助金の対象になりやすいです。