部屋数が多いビルほどBEMSで得られるデータを活用しやすいと好評

HOME>特集>省エネに興味を持っている企業も活用している

節約に繋がるサービス

システム

事務所やビルや大型店舗などのエネルギー消費量の多さに悩まされていて、省エネルギー対策を始めたいと考える経営者におすすめなのが、設備の運転状況を細部まで確認できるBEMSです。ビルの全体的なエネルギー消費のデータを収集しながら、設備の自動制御の方針を決める事ができる、便利なシステムだと世界中で話題になっています。不要なエネルギーを自動でカットする事を目的としており、クラウドを活用する事によって企業が所有している、複数の拠点の電気やガスの利用状況まで収集する事が可能です。一元的な管理をスムーズに行える事によって、省エネルギー対策にかけていた人件費まで節約できます。

故障状況の把握に役立つ

キーボード

設備ごとのエネルギーの利用状況を細かく確認できるBEMSは、一部の機器が故障している事なども早期に発見できるのも、このシステムが多くの経営者から注目されている理由の一つです。スタッフが目視で機器の状態を確かめなければ、エネルギーが全ての設備に供給されているのか判別できなかった企業も、BEMSを利用する事によって故障している箇所を瞬時に見分ける事ができます。電気やガスが通らなくなった設備を発見した際には、即座にアラートを出してスタッフを派遣して対応できるという、トラブルへの対応力を高められる仕様も好評です。