この記事では外観検査をするときに気をつけたほうが良いことと、メリットについて紹介します。

目的に合わせた最適な検査方法

男性

工場などで製造した製品に出荷前の外観検査をする場合に気をつけたほうが良いのは、製品の特徴に合った方法でおこなう検査を選ぶ必要があることです。検査の内容によっても発見しやすい外観の瑕疵が異なっているために、製品製造の過程で発生しやすい瑕疵を確認して検査をおこなうことにより、特定の種類の瑕疵を見つけやすくなります。外観検査にはさまざまな方法がありますが、形の変化している製品を探すための外観検査もあります。同一の製品を製造する場合には、どれも同じ長さや形状のものを製造することが求められますが、何らかの原因で決められた大きさとは異なるサイズの製品が作られてしまうこともあるので、検査をして形状の異なる製品を発見することには、製品の品質を保持するうえでも重要な役割があります。このような目的で外観検査をおこなう場合に気をつけなければいけないのは、検査の基準となる製品の正確なサイズの検査をおこなう人が把握しておくことです。正しい長さや形状の製品を検査する人が正確に知っておくことにより、外観に何らかの異常がある製品を検査でしっかりと発見できます。

検査をすることで得られる多くのメリット

外観検査は主に製品の外観の状態を調べるのが特徴の検査です。外観検査をすることのメリットとしてあげられるのが、製品を出荷する前に、外観に何らかの問題がある製品を発見することができるので、出荷前にあらかじめ取り除くことができることです。外観に何らかの瑕疵がある製品をそのまま出荷してしまうと、販売した相手からクレームが来ることも多いために、出荷前にしっかりと外観検査をしておくことには、会社の信頼を維持する意味でも大きなメリットがあります。さまざまなタイプの外観の瑕疵を発見できることも外観検査のメリットです。製品によっても発生しやすい瑕疵は異なりますが、人間の力によって直接瑕疵の有無を判断するために、細かい瑕疵も見つけやすくなっています。製品についた傷なども検査によって発見することが可能で、ちょっと見ただけではわからないような細かい傷も発見できる精度の高い検査をおこなっている会社もあります。製品を製造する過程においては、製品の表面に汚れがつくこともありますが、完成品にも汚れがついたままの状態であると、製品の品質自体には何の問題がなくても、外観の品質管理という点では問題があります。あらかじめ検査をしておくことで、こうした汚れを発見できるメリットもあり、簡単な汚れならば出荷前に清掃して対応することもできます。製品のパッケージの表面には、製造の過程で何らかの異物が付着することもありますが、外観検査をすればこうした異物を発見できるメリットもあります。